ASP型(Application Service Provider型)

ASP型はコストが安いのがメリット

メール配信システムは多くのお客さんにメールを一斉送信できる画期的なツールです。うまく利用をすれば効率よくメールマーケティングができるので活用してみましょう。メール配信サービスはサービス形態が2つ用意されています。オンプレミス型とASP型と呼ばれるものが用意されていて、内容がそれぞれ違います。オンプレミス型はすべて自社で管理して運営をするのが特徴です。初期コストやランニングコストなどがかかるので、中小企業にとっては導入しにくいのがネックです。ASP型はインターネット上にある専用のメール配信アプリケーションなどを利用してメール配信を行うシステムです。初期費用が非常に安く中小企業でも導入をしやすいのが強みです。

ASPでできることは何か

ASP型のメール配信を利用するときに、気になるのはサービス内容です。大量のメールを一斉に配信する時間帯を設定できます。あらかじめ設定しておけば、あとはプログラムが実行されるシステムです。余計な手間がかからず業務を効率化できるのが強みです。たくさんの顧客にメールを配信するときは、顧客管理をしっかり行わないといけません。ASP型のメールを配信ではメールや顧客のリストを作り管理できます。オンライン上でデータを扱うシステムなので、サーバやパソコンを変更しても新しい機器にデータを移行する手間はかからないのがメリットです。配信したメールが顧客に届き開封されたのかを確認できるのもASP型のメール配信の魅力と言えるでしょう。